免疫沈降で解析

免疫沈降の基本的原理

免疫沈降とは、生物の細胞や組織中に、調べたいタンパク質が含まれているか、あるいはどの程度含まれているかを調べる方法です。生化学の分野では非常によく使用される方法で、抗原と抗体の免疫反応を利用して解析します。免疫沈降にはいくつか方法がありますが、基本原理は共通です。まず、細胞を処理(粉砕、溶解)し、目的とするタンパク質を抽出します。そして、その(粗)抽出液に、目的とするタンパク質に特異的に結合する抗体を添加し、抗原抗体反応をさせます。次に、抗体(免疫グロブリン)と親和性の高いプロテインAまたはプロテインGの担体と混合します。担体とは、それ自身反応はしないが、多量の物質(ここではプロテインAなど)を吸着した物質のことです。

担体の種類の違いと特徴

そのようにして得られた免疫沈降の混合物から、水分(溶液)を遠心分離などで除去します。その後、バッファー(緩衝液)を添加して溶出し、SDS-PAGE(ポリアクリルアミドゲル電気泳動)やウェスタンブロッティング(電気泳動の後、メンブレン上で抗原抗体反応させる方法)で解析します。免疫沈降におけるプロテインAまたはGの担体として、担体をあらかじめスピンカラムに充填した方法は、操作が単純ですが、解析できる液量が制限されます。ゲル担体を使用した方法(バッチ法)では、多量の溶液も解析でき、コストを抑えられますが、無駄となる液量ができてしまいます。最近使用されるようになった方法に、磁気ビーズに抗体を吸着させる方法があり、効率的にタンパク質を回収できますが、コストがかかります。