種類が豊富

人間ドックの他には肺がんドックや脳ドックなどの種類があります

人間ドックは病気の早期発見のために血液検査や心電図検査など様々な検査を受けることで、全身を調べていきます。しかし、人間ドックを受けることですべての病気を発見できるわけではありません。 例えば、小さながんを発見するときには、より詳しい検査が必要です。そのため、人間ドックの他にも、がんを早期発見することなどを目的とした、肺がんドックや脳ドックといった、特別なコースを設けている施設もあります。 肺がんドックでは、人間ドックの検査項目にある胸部エックス線検査だけでは見つけることのできない小さながんを発見するため、CT検査や喀痰検査を行うことが多いです。また、脳腫瘍の早期発見のためにMRIやMRA検査を行うのが脳ドックです。

金額は加入している健保や施設によって違います

このような人間ドックや肺がんドック、脳ドックなどは、それぞれ加入している健保やドックを実施している施設によって金額が変わってきます。また、乳がん検診や子宮がん検診などでは、一部の市町村で検診無料クーポンを配布しているところもあり、そのような控除を受けることによっても金額は変わってきます。 基本的には、肺がんドックや脳ドックなどにかかる費用は、保険適用がありません。そのため、CTやMRにかかる費用がそのまま金額になる場合が多く、病気で病院にかかり検査を受ける場合よりも高額になってしまうこともあります。 しかし、加入している健保と関係がある施設では、一部安くなるという場合もあるので、調べておくと良いです。