人工透析の課題

腎臓の疾患を負い、人工透析が必要になる人がいます。 その病気は自分で老廃物や、血液の循環をする機能ができなくなる病気であり他の方法でそれを行う必要があるのです。 それをやらなければ、生きていくことができないのであります。 人工透析を行うようになりますと、一生それと付き合っていかなければならなくなります。 そうなりますとその人の家族というのも、透析に付き合っていかなければならない状態になります。 それはなかなかできないことでもありますし、難しい課題が出てくるわけです。 患者さんの身の回りのことを気遣い、食事管理なども行っていかなければなりません。 それに週に数回病院へ行くことも自分ではできなくなりますから、当然送迎が必要となってくるのです。

透析を行っていくのに一番問題となるのは、病院までの送迎ということではないでしょうか。 まず家族は、送迎のことが頭に浮かびます。 それといって自分がその度、病院へ連れて行くわけにもいきませんし事態は深刻となります。 ですが現在ではそんな心配もいらなくなり、病院のスタッフの方が送迎をやってくれるのです。 そのことに大変ありがたい思いを抱くのは、何よりも患者さんの家族であります。 病院側も家族の人たちの立場や、思いを理解した上での取り組みであります。 本人も自分がそのような病気になって、家族に迷惑をかけると気にしている人もたくさんいます。 けれどもそのような体制がありますから、患者さんも安心して治療を行えるようになるのです。